フォトフェイシャル副作用

フォトフェイシャル副作用

 

フォトフェイシャルをご存知ですか?
フォトフェイシャルとは光をつかったスキンケアで、カメラのフラッシュのような光(IPL)を照射することでしみやそばかす、くすみ、メラニンの沈着、にきびや赤みがかった顔などといった肌全般の悩みを改善してくれる最先端の肌治療方法です。
フォトフェイシャルの光はレーザーと違って光治療専用の機器によって施術されます。
前述したIPLと呼ばれる特殊な光を照射することで皮膚の真皮層にある繊維芽細胞と呼ばれる細胞を刺激することによってコラーゲンを活性化させるのです。
外科的な美容整形と違って全く顔を傷つけることなくアンチエイジング(若返り)することができます。
フォトフェイシャルは皮膚科の病院やクリニックのような医療機関、または美容エステなどでも受けることができます。
ヴィトゥレ屋エルクリニックでもフォトフェイシャルを受けることができます。

 

そんなフォトフェイシャルの副作用としてはやけどにより赤みがかったり逆に色素が沈着してしまったり赤く腫れてしまった、肌の乾燥などのような副作用が報告されています。
こういった副作用が多く見られるのは妊婦の方やまぶたの上、黒人の方、アトピーなどで肌の炎症がひどいひと、そして日焼している方といった場合です。
フォトフェイシャルの光の照射量や照射距離などによっても副作用の発生確率は変わってきます。
注意すべきなのはフォトフェイシャルは通常医療保険の適用外になるため施術料金は高くなります。
こういった副作用などを考えると、やはりそれなりに実績のあるクリニックや医療機関を選ぶことが大切になります。
ヴィトゥレはその点たくさんの治療実績がありますので安心と言えます。
まずはカウンセリングなどで自分の肌の状態を見てもらい、適切な治療を行うことが大切です。

 

フォトフェイオシャルで赤くはれたらこちらのオールインワンゲルがおすすめです

 

フォトフェイシャル後は赤み肌荒れが気になりますよね

 

そんなときはこのオールインワンゲルがおすすめです
敏感肌になって乾燥肌になっているフォトフェイシャル後のお肌を守ってくれます
赤みも改善してくれますしお肌を守ってくれますよ♪

 

 

フォトフェイシャルは、年齢肌の進行を食い止めるアンチエイジング効果も持ちますし
肌トラブル全般の解消効果を持つ万能な施術として人気が高いのです。

 

施術利用者は10代から70代と幅広く、年齢に関係なく
継続して施術を受け続ける事により、求めている美肌効果を手に入れる事が出来ます。

 

フォトフェイシャルは、特殊な光を放つマシンを使って肌トラブルが気になる部分に
照射するだけで、美肌効果を得る事が出来ます。

 

原理は、レーザー脱毛などと似ています。

 

特殊なレーザーを照射して行なうレーザー脱毛などにも副作用があるように
特殊な光を照射して行なうフォトフェイシャルにも副作用があります。

 

特殊な光の照射レベルが高すぎた場合は、副作用として照射部分に
赤みが出てしまったり、やけどをしてしまう恐れもあるのです。

 

フォトフェイシャルは、エステサロンなどでも取扱うことが認められています。

 

エステサロンには医療スタッフはいませんから施術を担当するのは
エステティシャンになります。

 

フォトフェイシャルは、知識や技術力があってこそ副作用なく施術を行なえるのです。

 

エステサロンには、専門的な知識を持っている者が少ないため
お肌に合わない照射レベルで、施術を行なってしまい副作用が出てしまうのです。

 

副作用を起こす事無く、安心してフォトフェイシャルを受けたいのであれば
ヴィトゥレでフォトフェイシャルを受ける事をオススメします。

 

ヴィトゥレは美容皮膚治療などを多く取扱うクリニックで
施術を担当してくれるのは、知識も技術力も兼ね備えた医療スタッフです。

 

施術は、お肌の診察から始まります。

 

ですから、その時その時によって変わる、お肌の状態に合わせた
照射レベルで特殊な光をあてる事が出来、フォトフェイシャルの効果を安全に発揮する事が出来るのです。

 

仮に副作用や肌トラブルが起こってしまった場合でも
ヴィトゥレならば医師による診察と必要な処置を行なってくれますから
安全性も高く、安心してフォトフェイシャルを受ける事が出来るのです。
フォトシルクプラス効果